イ)多摩川中下流の河畔林など、小規模樹林


ヤナギ林
ヤナギ
多摩川中下流の河原には、所々にヤナギ類が生えています。


タチヤナギ
樹高10m以上にもなる落葉高木です。
成長の速い木で多摩川の川岸に列になって育っています。
丘陵の谷間の湿った場所でもみられます。


コゴメヤナギ
樹高が10m以上になる落葉高木で細長い葉が特徴です。
多摩川の川岸などに点々と生え、成長の速い樹で、川の出水時に護岸の役目も果たすようです。


コムラサキ
幼虫はヤナギ類の葉を食べるので、樹木の分布から主に多摩川で見られます。
成虫は年 3 回出現し、樹上を飛ぶ姿が見られますが、なかなか低いところにはおりて来ません。
写真はヤナギから樹液が出ていて偶然撮れたものです。
【RD】県絶滅危惧IB類



エノキ林

多摩川中下流の河畔には、エノキの河畔林が形成されていたりします。


エノキ
高木は高さ 20 m、目通り直径 100 p以上にもなる高木落葉樹です。
春に咲く花は目立たたず、秋に 6〜7 oの実をびっしりとつけます。
エノキの実はやや甘く 21 種類の野鳥に採食された記録があります。
街道の里程を示す樹に使われ、今でも榎木町に名が残っています。
7 区全域でみられます。


オニグルミ
多摩川の河川敷や丘陵の谷部に自生している高木です。
実生は長さ 70 cmにもなる大きな複葉を広げ成長が速いです。
成木は盛んに実をつけ、種子の発芽もよく、生育分布を広げています。
市内 7 区で特に川沿いに多くみられます。


クルミハムシ
オニグルミの葉を食べる平たい体のハムシで、餌樹木の関係から、主に多摩川に生息しています。
葉の上で蛹になり、写真のようにぶら下がる特徴があります。


ノブドウ
木本のつる植物で落葉樹です。
つるを伸ばし、巻きひげを使い他の植物を被います。
実はぶどう状とは異なり、青や白の妙な色です。
葉に深い切れ込みがあるのを見かけます。
市内の林や草地に普通にみられます。

戻る